お片づけサポートご感想「原さん、○○ですね・・・」

お片づけ

赤木製畳ブログ

 

リフォーム工事をしております。

(畳、襖、障子、クロス壁、水廻り、フローリング、外構などなど)
 
二級建築士
整理収納アドバイザー1級
風水インテリアアドバイザー2級
畳一級技能士
 
がいるお店
 
業務内容
○リフォーム
○内装工事
○お片づけサポート
○お片づけ.家づくりセミナー
 
家事が楽になる!
暮らしが心地よくなる家づくりを心がけておりますウインク
 
赤木製畳のHPはコチラ↓
http://www.ee-tatami.co.jp/

 

 

 

「整理収納×リフォーム」についてはコチラ↓

http://www.ee-tatami.co.jp/collaboration.html

 

 

 

 

リフォーム360度ビュー。1件丸々Before After見れます!コチラ↓
 
**********************
 
こんにちは爆笑

 

晴れの国岡山県の赤木製畳に勤務しております

整理収納アドバイザー

住宅収納スペシャリスト

風水インテリアアドバイザー2級

 

の原ですウインク

 

今朝は小学校の「あいさつ運動」の当番だったので、横断歩道にたったり、

 

午後からは小学校の参観日(小3長男、小1次男)です。

 

子供の行事が中心の1日となりそうですニコニコ

 

 

 

 

 

 

さて、昨日は、キッチンのお片づけサポートに行かせて頂きましたおねがい

 
小さなお子様が二人おられるお母様のお母様からのご依頼です!
 
子育てで大変そうな娘様の姿を見られて、お片づけをすれば、暮らしが快適になるのではないだろうか?
 
と思ってくださり、ご依頼くださりました笑い泣き
 
なんと!娘様思いのお母様!
 
今回のキッチンお片づけで、多くの方に当てはまるのでは?と、思ったのは、
 
ゴミの分別
 
ゴミの分別が多様化して、市ごとでも違いますし、多様な種類で迷う事もございます。
 
しかし、もし、ゴミの分別スペースを作っていないと、どうなるか?
 
恐らく、あやふやのまま、色々なところで、ペットボトルや電池などが発見される事になるのではないでしょうか??

 
ぜひ、取り入れて頂きたいのが、
 
ゴミスペースを作る
 
室内でなくでもいいです。
 
野外でもいいので、キチンとゴミの分別をしましょう。
 
できれば、そのスペースに
 
ペットボトル
第○曜日
 
と、ラベリングをすると、忘れる事が減るのではないでしょうか?
 
面倒でも、
この一手間が、ご自身、そして、家の快適空間に繋がります!
 
 
 
 
そして、お片づけサポート後、娘様から一言、
 
「原さん、
荒業ですね・・・。笑」
 
そう、お片づけの初めにヒアリングと現場検証し、その後、
 
 
全てを出します。真顔キラキラ
(通称=全出し)
 
キッチンと食品庫的スペースのにある物を全て出された時、床一面に広がる物の量を見られて娘様は、
 
 
「この後、ちゃんと片付くんだろうか?」
 
 
と、不安で頭がいっぱいになられたそうです。
 
 
そう、お片づけは、必ず「全出し」します!
 
全てを出して、1から「分類分け」をする事が必須。
 
 
一人ではきっと1日ではできないでしょうえーん
小さなお子様もおられたら
 
時間的・体力的にも。。大変ですよえーん
 
だから、二人でするんです!
 
お片づけサポートのゴールが見えて来た時から、娘様の表情がみるみる変わりました!
 
きっと不安が解消されて来たのでしょうおねがい
 
 
無事、お片づけサポートも終わり、娘様様からは
 
 
「最初は、どうなるんだろぅって、正直思いました。笑
 
今まで子供に手が取られてて、忙しいからお片づけは後回しだったけど、忙しいからこそした方がいいんですねー」
 
お母様は、
 
「これで娘が少しでも楽になると嬉しいですおねがい
このままだったら、きっと家を建てても、散らかった家になりそうだ。と心配してたので。」
 
そう、近々お家を建てられるご家族なのです。
 
 
ぜひ、これからリフォーム、または新築をされる予定の方は、
 
まずは、お片づけをしてみてください。
 
 
そして、恒例のお片づけの産物もいくつかありました。。

 

 「こんなところにあったんだー!!お願い

  ↑

 そう、ずっと探していた、探し物が見つかる!ウインク

 

やっぱり、お片づけって

素晴らしいキラキラ笑い泣き

 

今日も最後までお付き合い、ありがとうございました照れ

 

 皆様にとって、今日も良き日となりますようにおねがい

 

 

 

 

 
 
 
こちらは、今年春の弊社店舗(住のいやし館)前の、

 

ピエール・ドゥ・ロンサール  ですチューラブラブ

 

また、この秋にも咲いて欲しいラブ

 

 


↑pagetop