「今」を大切に

日常

晴れの国岡山県の、整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリストの原ですニコニコ

最近朝晩が冷えて来て、我が家では旦那さん以外、皆んな咳や鼻水がガーン
旦那さん、次はオレか!?と怯えてますキョロキョロアセアセ
さて、私のブログには最近お片づけネタがなくて申し訳ないですニコニコアセアセ
先週、大阪に一人で住む母方のおばあちゃんが病院で、膵臓がんの末期だど告られました。
本当に元気なおばあちゃんで、おじいちゃんが亡くなった後も、一人暮らしだけとしっかり自分の事は自分でしていて、体も心も元気でした。
夏に食欲がなくなった事、体重が減った事、腹部に痛みがあった事で、病院へ行ったそうです。
周りも驚きの膵臓がん。
余命は半年もない
娘である母の所へ昨日からしばらく滞在することになりました。
久しぶりに見るおばあちゃんは、やっぱり痩せていて
だけど、ひ孫や孫である私に気を使っているのか、表情はいつもと変わらないおばあちゃん。
膵臓がんなんて、嘘じゃないんか?
って、一瞬思ったけど、きっとおばあちゃんなりの一生懸命の元気だったのかもしれない。
ここ数年、おじいちゃんが相次いで亡くなって、
ついに私もそういう年になったんか
と、思い始めていました。
いつも、誰かの死や病気を目の当たりにする度に、日々の生活の中でつい忘れがちな事を思い出さされます。
命はいつか終わる

みんないつか死んでしまう

私ももちろん例外ではなく、旦那さんも子供たちもいつか命が終わってしまう
ある日突然来るかもしれない。
終わりを意識すると、今のこの一瞬一瞬がとても大切で、ありがたくて、感謝しかない、
そんな気持ちになります。
今日も、家族みんながそれぞれ笑顔で
行ってきます!
って、家をでれたこと。
ただいま!
って、帰って来ること。
こんな幸せな「今」を大切にしたいな。
そして、私が死んだ時、子供たちから
お母さんは厳しかったけど、
きっと俺たちの事を思って言ってたんだな。
愉快なお母さんだったな。
そんなことを思われるようなお母さんになりたいなてへぺろ
しばらく岡山にいるおばあちゃんとも、いっぱい話したり笑ったりしたいな。


↑pagetop